TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

欧州カップ戦 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    ファン・ダイクが選んだ「プレミアリーグ2019-20シーズンの”突出した”5人のプレーヤー」

    チームメイトを選出できれば、最初に出てきた名前は「アリソン・ベッカー」。リヴァプールのフィルジル・ファン・ダイクが、プレミアリーグにおける「five-a-side team」を発表しました。リーグNo.1に指名したいGK、DF、FWをひとり、MFを2人セレクトするというお話なのですが、唯一の条件は「自チームの選手はNG」。メッシとバロンドールを争った世界No.1のCBが揃えた5人といわれれば、俄然

    makoto

    偏愛的プレミアリーグ見聞録

    読者になる
  • 2位

    現地メディアが発表!「あなたが知らないプレミアリーグ2019-20シーズンの意外な記録」

    プレミアリーグ2019-20シーズンで、最もイエローカードが多かったのはアーセナルとトッテナムで63枚。90分を過ぎてからの最多ゴールはアストン・ヴィラの5発で、ブライトン戦のマット・ターゲットと、ワトフォード戦のタイロン・ミングスは決勝ゴールでした。アーセナルの40ゴールは、28節終了時点で41だった1998-99シーズンより少なく、直近20年ではワーストのペース。CKからのゴール数No.1は9

    makoto

    偏愛的プレミアリーグ見聞録

    読者になる
  • 3位

    プレミアリーグの選手たちが立ち上げた新たな基金「#PlayersTogether」がめざすこと。

    イギリスは、是々非々。自らの過去の発言に縛られず、いいと思えば手のひらを返して率直に称賛するカルチャーを素晴らしいと思います。プレミアリーグの選手たちに対して「サラリーカットをして自分たちの役割を果たすべきだ」と主張し、非難を浴びていたマット・ハンコック保健相が、諸手を挙げて新しい取り組みを称賛しています。リヴァプールのキャプテン、ジョーダン・ヘンダーソンが中心になって立ち上げた「#Players

    makoto

    偏愛的プレミアリーグ見聞録

    読者になる

「サッカーブログ」 カテゴリー一覧