TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

少年サッカー トップ

TOP
help

続きを見る

  • 1位

    立ち上がり1秒

    おはようございます、毒コーチです今年の目標は暗闇で見つけてもらえる色の黒さに留める今日もくだらない話、くだばな立ち上がり1秒これ絶対に書いた昔に書いた記憶が確実にあるもしくは何かで読んだか?幼稚園児、小学校低学年でこの子は伸びるなぁと感じさ

    yamy

    私は少年サッカーの毒コーチ

    読者になる
  • 2位

    程よい感じで

    程よい感じがちょうど良い。 無理してオーバーペースになると何かと疲れるし、付かず離れず程よい感じがちょうど良いっす。 勢いはいずれ落ちる 何かをキッカケに勢い付いてもだいたい長くは続かない。勢いがない状態でも続けられる程よい感じがちょうど良い。 程良ければ程よいほど長く続く。 ランニングもいきなり長距離を無理して走ってもしんどいし、そんな体力ないからそもそも走れないし、怪我をする。 自分に合った適度な感じで続ける事で徐々に長く、速く走れるようになって行く。 付かず、離れず、力まず、調子に乗らず。 7月11までアマゾンFireTVスティックが4980円→2980円。これがあればyoutubeもDAZNもNetflixもテレビで観れる優れもの。 今日も最後までお読みいただきありがとうございました。 ブログランキングに参加していますので、下のボタンをクリックして応援していただけると嬉しいです。 にほんブログ村

    everest

    サッカーいろは

    読者になる
  • 3位

    小学生サッカー まずディフェンスより始めよ

      この週末は、久々に長男の広いコートでのゲームを観戦できました。4-5年生よりもコートが大きくなり、よりスピードやキック力が求められるようになります。 そし…

    かん吉

    ゴールデンエイジで人生は決まる

    読者になる
  • 4位

    すぐガチにする

    おはようございます、毒コーチですここ数年、雨がホンマに恐ろしいよね。今日もくだらない話、くだばなすぐガチにする出さないのなら連れてくんなぞろぞろと何人も連れて来て結局出さへんのなら、下の学年も合わせて別の試合に連れて行ってやってくれやっぱり

    yamy

    私は少年サッカーの毒コーチ

    読者になる
  • 5位

    マルバ体験記

    今回の記事は、マルバ体験記ですが、 ・ジュニアサッカーのブログなので情報提供の一環 ・あくまでも体験記なので、評価に足る情報ではない ・Aチームに入れない親目線。いつもサブの子を持つ親目線での体験記 こういったことを前提にして書きます。 また、当ブログでよくステータススクールという仮称がでてきますが、これはマルバとは異なる在住地域内だけで運営展開するローカルスクールです。 運動神経イマイチな子を持つ親として体験を見学しての感想は、 「マルバ」に通えば試合で通用するプレーヤーになれる。 です。 体験した日のメニューは、 リフティング、コーンドリブルから始まりました。 リフティングもコーンドリブル…

    kingfisher

    運動神経中の下の子が少年サッカーするってよ。

    読者になる
  • 6位

    たまたま出来た!じゃダメなんです!

    音楽でもねバンドとかって好きなように曲作ってそれがたまたま良い曲になったりするでも、たまたまじゃダメなんですよね。めちゃくちゃ細かい注文で来たりします。バンド…

    PLAYEST

    少年サッカーと音楽、共通する夢の叶え方が在るんだよ!

    読者になる
  • 7位

    公式戦を無くしたら

    こんにちは、ひろぴえろです。 現在、コロナの影響で小学年代では全国的に公式戦を控えていますよね。 クラブチームにしても、市や県を跨いでトレーニングマッチを開催しているようですが、公式戦は行われてないと思います。 スポンサーリンク // リンク 私が運営に携わっているクラブチームも、先月から市や県を跨いでトレーニングマッチに行ったり来てもらったりしています。 自粛明け当初は、運動不足なども考慮され、緩い雰囲気もありましたが、今月からはギアが一つ上がり、本気モードに近くなって来た雰囲気があります。 そこで一つ感じた事がありました。 公式戦いらなくない? 公式戦を目指すとスタメンやベンチ・・・発展す…

    ひろぴえろ

    hiropiero's blog

    読者になる
  • 8位

    人には誰しも夢を持つ権利があって、 それでいて、夢はその時期その時期で変化していくものだと思います。 それは環境であったり、年齢を重ねたことによる精神的な成長であったり、 様々な影響を受けて変わっていくものなのでしょう。 素人父は幼稚園の頃、ウルトラマンゾフィーになるのが夢...

    素人父

    夢はプロサッカー選手の息子、素人の父

    読者になる
  • 9位

    僕の自慢

    おはようございます、毒コーチです 雨、コロナ・・・もう大変 今日もくだらない話、くだばな 僕の自慢サッカーが上手くなくたってチームの中心選手じゃなくたって サッカーをやってることが「僕の自慢」って子もいてる 選手:「コーチ、あいついっつも学

    yamy

    私は少年サッカーの毒コーチ

    読者になる
  • 10位

    雨ばかり。

    長男と次男の少年サッカーが1番。3人兄妹の育児についてが2番。自分の趣味が3番というブログです。

    新ボサ子

    新ボサ子のおたから

    読者になる

続きを見る

  • FCポルト

    FCポルト

    FCポルト(Futebol Clube do Porto)は、ポルトガル・ポルトに本拠地を置くサッカークラブチーム。 スポルティング・リスボン、ベンフィカと並ぶポルトガルのビッグ3クラブのひとつ。1987年と2004年の2回、欧州王者と世界王者に輝いている。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • PSVアイントホーフェン

    PSVアイントホーフェン

    PSV(Philips Sport Vereniging)は、オランダ・アイントホーフェンに本拠地を置くサッカークラブチーム。PSVは、現地の発音をカタカナ表記すると、ペーエスフェーとなる。 オランダのサッカーリーグであるエールディヴィジに所属しており、アイントホーフェンに本社を持つオランダの電機メーカー「フィリップス」をスポンサーに持つ。アヤックス、フェイエノールトとともにオランダを代表する3大クラブチームとして有名である。 現在の監督は、昨シーズンまで名古屋グランパスエイトの指揮を執ったセフ・フェルホーセン。 フィリップス・スポーツ・連合(Philips Sport Vereniging)は、その名の通り、サッカー以外のスポーツのチームも多く持っている。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

  • アヤックス・アムステルダム

    アヤックス・アムステルダム

    AFCアヤックス(Amsterdamsche Football Club Ajax)は、オランダ・北ホラント州・アムステルダムに本拠地を置くサッカークラブチーム。 エールディヴィジに所属し、略称はAFCアヤックスまたは単にアヤックス。1900年に創立された。ヨハン・クライフの出身クラブであり、UEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)三連覇の実績もある名門クラブである。 日本ではPSVアイントホーフェン、フェイエノールトとともにオランダを代表する強豪クラブとして知られている。 白地に中心が赤色のユニフォームは有名。育成とスカウティングに優れ、毎年のように若く優秀な選手が輩出されることからスター生産工場とも呼ばれている。 世界でも有数の育成システムを確立し、これまでも数多くの名選手を輩出してきたクラブである。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 3人

  • インテルナツィオナーレ・ミラノ

    インテルナツィオナーレ・ミラノ

    インテルナツィオナーレ・ミラノ(Football Club Internazionale Milano)は、イタリア・ミラノを本拠地とするサッカークラブチーム。

    テーマ投稿数 67件

    参加メンバー 9人

  • ユヴェントス

    ユヴェントス

    ユヴェントス・フットボール・クラブ(Juventus Football Club s.p.a) は、イタリア・トリノを本拠地とするサッカークラブチーム。 ユヴェントスはラテン語で「青春」という意味。「ユーヴェ」と略称される場合もある。愛称はエンブレムやユニフォームからビアンコネッロ(イタリア語で「白と黒」、複数形でビアンコネッリとも)や、シニョーラ(同じく「老貴婦人(イタリアの貴婦人)」)などがある。クラブ設立当初のユニフォームはピンクであった。 エンブレムの真ん中にいるのは馬ではなく牛。これはホームのトリノ市の紋章にも描かれていて、トリノの語源が「タウリーニ(牛の人々)」であることが由来である。 セリエA優勝27回(最多)など、イタリアのみならず世界を代表するチーム。ただしUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数2回はACミランの7回には及ばない。96年から98年には3年連続決勝に進出。過去7度決勝に進むもうち5度は準優勝に終わっている。欧州の主要リーグでは、国内リーグの優勝回数が最も多いクラブがチャンピオンズリーグの優勝回数も最多である場合が多いのだが、セリエAに関しては例外である。 ホームタウンという概念が確立しているヨーロッパには珍しく、全国的な人気を持つクラブである。ただし全国的に人気があることが嫌われてか、地元トリノではトリノFCの方が人気がある。ホームスタジアムのデッレ・アルピは、平日開催の試合や、コッパ・イタリアの試合などで閑散となる事がしばしばある。 2005/2006シーズン時点までは、1929年のセリエA(1部リーグ)開幕以来一度もセリエB(2部リーグ)に降格したことが無い2チームのうちの1つであり、現在も降格経験が無いインテルとの対戦は「イタリア・ダービー」と呼ばれ国内外の注目を集め、「ミラノ・ダービー」や「ローマ・ダービー」と並び、イタリアを代表するビッグマッチの一つであった。 その後、ユヴェントスは「カルチョ・スキャンダル」における八百長に対するペナルティを受け、2006年にクラブ史上初めてセリエBへの降格処分となった。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

  • マンチェスター・ユナイテッドFC

    マンチェスター・ユナイテッドFC

    マンチェスター・ユナイテッド・フットボール・クラブ (Manchester United Football Club) は、イングランドのマンチェスターを本拠地とするサッカークラブ。愛称は赤い悪魔(Red Devils)、ユナイテッド(United)、あるいはマンU(ManU)とも呼ばれる。

    テーマ投稿数 370件

    参加メンバー 15人

  • リヴァプールFC

    リヴァプールFC

    リヴァプールFC (Liverpool Football Club) は、イングランド・リヴァプールに本拠を置くサッカークラブチーム。愛称はレッズ(Reds)。

    テーマ投稿数 780件

    参加メンバー 11人

  • パリ・サンジェルマン

    パリ・サンジェルマン

    パリ・サン=ジェルマン・フットボール・クルブ(Paris Saint-Germain Football Club、PSG)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブチーム。 1970年創立の比較的新しいクラブチームで、過去にはジョージ・ウェアやライー、ロナウジーニョらが所属した、多国籍チームである。新興チームであり、優勝実績もさほど多くはないながら、国内での人気は高い。 ファッションデザイナーのダニエル・エシュテルが会長だったことがあり(在職1974年 - 1978年)、チームのユニフォームは彼の手によるものである。エンブレムにはパリのシンボルであるエッフェル塔が描かれている。 欧州や南米のサッカークラブは、元々総合スポーツクラブとして誕生し、発展した例が多い中、パリSGの生い立ちはやや異質である。設立時には、パリ出身の著名人、たとえばジャン=ポール・ベルモンドなども出資をしている。評論家であり、日本代表監督のフィリップ・トルシエのパーソナルアシスタントを担当したこともあるフローラン・ダバディーの祖父ピエール・エティエンヌ・グヨ(Pierre-Étienne Guyot)が創設者であり、初代会長であった。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 4人

  • オリンピック・マルセイユ

    オリンピック・マルセイユ

    オランピック・ドゥ・マルセイユ(Olympique de Marseille)(英語読みはオリンピック・マルセイユ)は、フランス・マルセイユに本拠地を置くサッカークラブチーム。 現在はフランスリーグのリーグ・アンに所属しており、1899年に設立されたフランスの名門サッカークラブチーム。同じ名門であるパリ・サンジェルマンとの一戦は大変な盛り上がりをみせ、フランス中の注目を集める。1986年に就任したベルナール・タピの豊富な財力により、1980年代後半から1990年代初頭にかけて勢いをみせ、ヨーロッパの舞台でも活躍し、1992年/1993年にチャンピオンズリーグ優勝。しかしリーグでの八百長発覚により1992/1993年のフランスリーグ優勝を剥奪され、同年のチャンピオンズリーグ優勝についても、タイトル自体は剥奪されなかったものの、チャンピオンとして活動する権利を奪われた。同時に当時の会長の脱税などスキャンダルが相次ぎ、チームも2部に降格処分を受けた。 近年はアフリカの有望選手や若手など積極的に補強。2004-2005シーズンには元日本代表監督のフィリップ・トルシエが指揮を執り、その縁もあって中田浩二も在籍した。 ジネディーヌ・ジダンがかつて少年時代に憧れていたチームでもある。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • TOTO BIG

    TOTO BIG

    TOTO予想にBIGの話題は申し訳ないような気がして作成。 TOTO BIG、BIG 1000、MINI BIGに関するトラコミュ。

    テーマ投稿数 242件

    参加メンバー 27人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「サッカーブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)