TOPICS
  • 1位

    厳しい状況に耐え、結果を残した忘れ得えぬ名将。マウリシオ・ポチェッティーノ、解任。

    <マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く語ります。今年は岡崎慎司、吉田麻也に注目!>

    makoto

    偏愛的プレミアリーグ見聞録

    読者になる
  • 2位

    ライバルの背中が見えた!マンチェスター・シティが11年連続増収となる売上750億円を達成!

    <マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く語ります。今年は岡崎慎司、吉田麻也に注目!>

    makoto

    偏愛的プレミアリーグ見聞録

    読者になる
  • 3位

    新たな情熱をクラブへ。「モウリーニョ×スパーズ」がうまくいくと思われるいくつかの理由。

    <マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く語ります。今年は岡崎慎司、吉田麻也に注目!>

    makoto

    偏愛的プレミアリーグ見聞録

    読者になる
  • 4位

    ベネズエラ戦!どうした森保ジャパン

    今日はキリンチャレンジカップ。 南米ベネズエラ戦ということで、森保ジャパンの実力が試される時! ただ、今日は先発メンバーを大きく入れ替えて、吉田麻也、長友佑都、酒井宏樹、南野拓実といった主力組は現地から欧州の所属クラブへと戻り、代わって多くのJリーグ勢が国内合宿から合流した。 ちょっとテスト的な意味合いも込めての布陣となった。 GK 1 川島 永嗣 DF 2 植田 直通 4 畠中 槙之輔 16 室屋 成 17 佐々木 翔 MF 7 柴崎 岳 8 原口 元気 10 中島 翔哉 13 橋本 拳人 15 浅野 拓磨 FW 21 鈴木 武蔵 柴崎、原口、中島以外は、かなり手探りですね。 前半もかなり攻め込んだシーンがありましたが、あと一歩足りず、逆にロンドンにハットトリックを決められる結果に・・・。ソテルドにも決められ、なんとビックリ・・・ 0-4 やはり、初っ端の8分に点を取られ、エンジンがかかる前に点を取られると言った感じ。 後半もかなり日本が押し込んでいたが、なかなか最後のフィニッシュまで行かない。どうしても、いつもの阿吽の呼吸ではないので、プレーがひと呼吸遅れる。 後半24分、中島の細かいドリブルから永井がセンタリングに山口がシュート! 1-4 ようやく1点取れた。ホッとしましたね。いくらテストでも、ある程度収穫が無いと、意味が無いですからねぇ~。 後半は本当にリズム良く攻めています。 ただ、一昔前のセンターリングで入れるパターンばかりで、パスルートを遮ればOKという感じ。教科書通りの動きしか出来ないので、コースが読まれてしまうのです。やはり堂安、南野、大迫のように隙あらばそのまま入れてしまうという雰囲気が無い。自分で切り込むのか、センタリングするか分からない・・・隙があれば行っちゃうよ!という雰囲気です。 唯一、中島だけが多彩なバリエーションで相手を翻弄しています。相変わらず中島のセンスはスゴイ。 良い動きが出来ているので、あと一息という感じなので、もう少し磨けばこのメンバーでもある程度行けると思います。 結局このままゲームセット。 ある程度、足りない所は見えたので、これからどうやって補正するかですね。 頑張れニッポン!

    wfw-soccer

    ロナウドよりメッシが好き!?

    読者になる

続きを見る

  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブ

    好きな人なら説明は、いりません。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 3人

  • ブンデスリーガ

    ブンデスリーガ

    サッカーのブンデスリーガについてのトラックバックコミュニティ。 チームや選手に関わらず気軽にトラックバックして下さい!

    テーマ投稿数 138件

    参加メンバー 19人

  • FIFAクラブワールドカップ2008

    FIFAクラブワールドカップ2008

    TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008(FIFA Club World Cup Japan 2008 presented by TOYOTA)は、2008年12月11日から12月21日に日本で開催される5回目のFIFAクラブワールドカップ。日本での開催は4年目である。 2009年以降は、2年ごとに持ち回りで開催することが決まっている。

    テーマ投稿数 14件

    参加メンバー 9人

  • CFパチューカ

    CFパチューカ

    CFパチューカ(Clube de Futbol Pachuca)は、メキシコ・イダルゴ州・パチューカを本拠地とするサッカークラブである。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • LDUキト

    LDUキト

    LDUキト(Liga Deportiva Universitaria,LDU de Quito)はエクアドルのキトに本拠地を置くサッカークラブ。正式な名称はLiga Deportiva Universitariaだが、エクアドル国内には同名チームが複数あるため、便宜上LDUキト、リーガ・デ・キトなどと呼ばれる。 設立当初は弱小チームだったが、1990年頃から非常に力をつけてきており、コパ・リベルタドーレスやコパ・スダメリカーナでも好成績を収めている。 最近ではロベルト・パラシオス(ペルー)やエンリケ・ベラ(パラグアイ)、エルキン・ムリージョ(コロンビア)など国外の代表クラスの獲得にも熱心である。それに加え、アグスティン・デルガド、フランクリン・サラスなどを筆頭としたエクアドル代表クラスも在籍しており、南米北部有数のビッグクラブとなっている。 また本拠地のエスタディオ・カサブランカは南米でも有数の近代的なスタジアムである。 2008年には悲願のコパ・リベルタドーレス優勝を果たした。エクアドルのクラブとしても初の快挙である。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • FIFAクラブワールドカップ2009

    FIFAクラブワールドカップ2009

    FIFAクラブワールドカップ2009は2009年12月にアラブ首長国連邦で開催される6回目のFIFAクラブワールドカップである。UAEでの開催は初となる(2010年も同国で開催)。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 1人

  • 天皇杯全日本サッカー選手権大会

    天皇杯全日本サッカー選手権大会

    天皇杯全日本サッカー選手権大会(てんのうはいぜんにっぽんサッカーせんしゅけんたいかい)は、1921年に開始された日本のサッカーの大会。日本最大のサッカーのオープントーナメント(事実上の総合選手権大会)である。

    テーマ投稿数 413件

    参加メンバー 33人

  • 栃木SC

    栃木SC

    栃木サッカークラブ(通称:栃木SC)は栃木県宇都宮市を本拠地とするサッカークラブ。かつてはアマチュアクラブであったが、Jリーグ参入を目指すべく、2006年6月に運営法人である株式会社栃木サッカークラブが設立され、2009年度からJ2に昇格が決まっています。また、教員チームを前身としたJリーグクラブの誕生は、栃木SCが初めてとなった。

    テーマ投稿数 89件

    参加メンバー 9人

  • マンチェスター・シティFC

    マンチェスター・シティFC

    マンチェスター・シティ・フットボール・クラブ(Manchester City Football Club)は、イングランド・マンチェスターに本拠地を置くサッカークラブ。

    テーマ投稿数 182件

    参加メンバー 4人

  • サッカー・フットサル総合

    サッカー・フットサル総合

    スペイン、イタリア、フランス、ドイツ、ブラジル、アルゼンチンなど留学をはじめとする、海外のサッカー・フットサル情報を交換できたらいいと思います。

    テーマ投稿数 24件

    参加メンバー 5人

続きを見る

  • 偉大すぎる前任者、戦術の陳腐化…?「BBC」の記者が指摘するモウリーニョ招聘の懸念。

    <マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く語ります。今年は岡崎慎司、吉田麻也に注目!>

    makoto 偏愛的プレミアリーグ見聞録
    読者になる
  • 新たな情熱をクラブへ。「モウリーニョ×スパーズ」がうまくいくと思われるいくつかの理由。

    <マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く語ります。今年は岡崎慎司、吉田麻也に注目!>

    makoto 偏愛的プレミアリーグ見聞録
    読者になる
  • 厳しい状況に耐え、結果を残した忘れ得えぬ名将。マウリシオ・ポチェッティーノ、解任。

    <マンチェスター・ユナイテッドファンですが、アーセナル、チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンなどなど何でも見てしまう雑食系プレミアリーグファンです。観戦記、スタジアム、チーム情報からロンドンやリヴァプールのカルチャーまで、幅広く語ります。今年は岡崎慎司、吉田麻也に注目!>

    makoto 偏愛的プレミアリーグ見聞録
    読者になる
  • ベネズエラ戦!どうした森保ジャパン

    今日はキリンチャレンジカップ。 南米ベネズエラ戦ということで、森保ジャパンの実力が試される時! ただ、今日は先発メンバーを大きく入れ替えて、吉田麻也、長友佑都、酒井宏樹、南野拓実といった主力組は現地から欧州の所属クラブへと戻り、代わって多くのJリーグ勢が国内合宿から合流した。 ちょっとテスト的な意味合いも込めての布陣となった。 GK 1 川島 永嗣 DF 2 植田 直通 4 畠中 槙之輔 16 室屋 成 17 佐々木 翔 MF 7 柴崎 岳 8 原口 元気 10 中島 翔哉 13 橋本 拳人 15 浅野 拓磨 FW 21 鈴木 武蔵 柴崎、原口、中島以外は、かなり手探りですね。 前半もかなり攻め込んだシーンがありましたが、あと一歩足りず、逆にロンドンにハットトリックを決められる結果に・・・。ソテルドにも決められ、なんとビックリ・・・ 0-4 やはり、初っ端の8分に点を取られ、エンジンがかかる前に点を取られると言った感じ。 後半もかなり日本が押し込んでいたが、なかなか最後のフィニッシュまで行かない。どうしても、いつもの阿吽の呼吸ではないので、プレーがひと呼吸遅れる。 後半24分、中島の細かいドリブルから永井がセンタリングに山口がシュート! 1-4 ようやく1点取れた。ホッとしましたね。いくらテストでも、ある程度収穫が無いと、意味が無いですからねぇ~。 後半は本当にリズム良く攻めています。 ただ、一昔前のセンターリングで入れるパターンばかりで、パスルートを遮ればOKという感じ。教科書通りの動きしか出来ないので、コースが読まれてしまうのです。やはり堂安、南野、大迫のように隙あらばそのまま入れてしまうという雰囲気が無い。自分で切り込むのか、センタリングするか分からない・・・隙があれば行っちゃうよ!という雰囲気です。 唯一、中島だけが多彩なバリエーションで相手を翻弄しています。相変わらず中島のセンスはスゴイ。 良い動きが出来ているので、あと一息という感じなので、もう少し磨けばこのメンバーでもある程度行けると思います。 結局このままゲームセット。 ある程度、足りない所は見えたので、これからどうやって補正するかですね。 頑張れニッポン!

    wfw-soccer ロナウドよりメッシが好き!?
    読者になる

続きを見る

続きを見る

「サッカーブログ」 カテゴリー一覧