TOPICS
  • 1位
    HIBIKING

    HIBIKING

    ばぁちゃんと孫の日々の記録 サッカー/スイミング/栄養食事

    読者になる
  • 1位

    縁の下の力持ちに感謝する

    連続ツイート方式第730回お届けします。(1)組織ではどうしても新しいことに目が行きがちだ。新規ビジネス立ち上げや新規案件が注目されて日の目が当たる。組織のトップや管理者は、そんな時には地道に既存ビジネスに取り組んでいる人や縁の下の力持ちで支えてくれている方々へ気遣い配慮する必要がある。その人達のおかげで成り立っている。(2)新しいことにチャレンジできるのは、既存ビジネスでお金を稼いで利益を出しているから。その余力があるからこそ失敗を恐れずに攻めることができる。その結果、新規案件を受注できて、新規に取り組んだ人が褒め称えられる。その時には正直喜ぶことができない人達がいることを忘れてはならない。(3)既存ビジネスに関わっている人のおかげであることに一言だけでも言葉を添えるだけで全然違う。現場の人達はそういうことに...縁の下の力持ちに感謝する

    団子三兄弟

    成長・夢の部屋

    読者になる

続きを見る

  • サッカーゲーム

    サッカーゲーム

    あらゆるサッカーゲームについてトラックバックしてください。 ウイニングイレブン、FIFA シリーズ、サカつく、Football Manager、Hattrick。。。

    テーマ投稿数 637件

    参加メンバー 21人

  • ジュニアユースサッカー

    ジュニアユースサッカー

    全国のジュニアサッカーの情報交換をしましょう。

    テーマ投稿数 661件

    参加メンバー 5人

  • カマタマーレ讃岐へ応援メッセージを!

    カマタマーレ讃岐へ応援メッセージを!

    はじめまして、こんにちは 私は香川県のカマタマーレ讃岐という四国リーグに所属するチームのファンのものです カマタマーレは今、J昇格を目指してがんばっています もしよろしければ彼らに応援メッセージをよろしくお願いいたします 読んでいただきましてありがとうございます

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 5人

  • トリニータをJ1へ、そして再度日本一へ

    トリニータをJ1へ、そして再度日本一へ

    私は大分トリニータのサポーターです。もちろんトリニータがJ2に降格したからもう応援しないというようなやわなサポーターではありません。トリニータが大分県の誇りであり、県民に希望を与える象徴であらねばならないと感じています。今や大分で連想されることの一番が別府や由布院ではなく、トリニータであるということは全国の調査で出ていました。しかるに大分県の財界や経済界のトップたちのトリニータに対する考えがネガティブであるのは、不況が原因でしかたがないとはいえ、大分の経済全体をしぼませていき、せっかく全国に注目されるようになった大分をまた、九州の中で存在感のない県にしてしまいかねません。県をあげての募金も大切ですが、本当に6億円もの借金を返せるでしょうか、しかも今年中に。またシーズンシート13,000席も絵に描いた餅で、J2に降格した今、最高に盛り上がった昨年を大きく上回るのも困難でしょう?かりに今年何とかできても、将来的に安定した経営ができるかといったら疑問ですよね。そうは思いませんか。 経済界では溝畑前社長の強引さが反発を買い誰も助けないのだという言葉をよく聞きますが、溝畑さんがいなかったら本当にトリニータが存在しえたか、ワールドカップが大分で開催されたか、と考えるとその熱意のあまりの強引さもやむを得なかった部分も多々あったでしょう。ましてや大分県人ではなかったわけですから。しかし、とにもかくにもトリニータは誕生し16歳になったのです。生まれなかったほうがよかったなんて思う人はごくわずかでしょう。しかも日本一という夢まで見せてくれたのですから、大分のスポーツ界やもちろん経済界のためにも絶対に存続させなければなりません。・・続く

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • トリニータをJ1へ、そして再度日本一へ ?

    トリニータをJ1へ、そして再度日本一へ ?

    ?しかも経営を安定させて百年以上は続くように、それがサポーターみんなの願いでしょう。結局現状を考えると、トリニータを救うのはやはり熱意あるサポーターたちしかいないのです。 そこでどうやったら、サポーターの熱意でお金を作れるか。私は今、?愛ことばという会社に昨年の11月に入りました。何をしている会社かと言いますと、高齢者の24時間365日の見守りサービスをしています。具体的に説明すると電話機に愛ことばという端末機を設置して、緊急通報、日々の安否確認をして、一人住まいや夫婦のみの高齢者の命を守るシステムで大分市内にコールセンターを持ち、全国の高齢者の見守りサービスをしています。もちろんまだ発展途上の会社で全国とはいっても、電話回線で全国にはつなげますが、利用者はまだ5,000人ほどです。65歳以上の高齢者は現在約3,000万人に達しようとしていますからほんの微々たる数ですが、10年後には4,000万人に達するわけです(日本の総人口は増えません。)からこのままではたいへんなことになってしまいます。まず命を守り、次に寝たきりにならないようにすることを実行していかないと、日本の若者のおおくは介護士にならないといけなくなってしまいます。少子高齢化が大問題化している今日、わかっていながら政治家たちも先送りにしている状態ではないでしょうか。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • トリニータをJ1へ、そして再度日本一へ?

    トリニータをJ1へ、そして再度日本一へ?

    ?そういう中でこの会社は大分県の人が造り、独居や夫婦の高齢者が身体に異常が生じた時は緊急ボタンを、夜中に淋しかったり、不安で眠れなかったりした時などは相談ボタンを押すと、即座にコールセンターにつながり、オペレーターが丁寧に応対し、必要ならば支援者に連絡や駆けつけ、救急車や消防車の要請、高齢者を狙った強引なセールスなどに対しての警察の要請など、高齢者が安心して暮らせるようにサポートします。そういう仕事内容なのですが、実は昨年10月より、この機能を持った携帯電話をソフトバンク社との提携で発売しました。これはいわゆる簡単携帯で、ソフトバンクのショップでは、832Tという機種で、当社との契約を加えることで、ワンタッチダイヤル、または緊急ブザーを押せば即座に愛ことばのコールセンターにつながり前述のサービスが受けられます。自宅で充電器に立てておけば普通の電話機と同じで愛ことば端末と同じです。さらに外出時に持っていただけば、外出先での緊急時にも同様のサービスが受けられますし、GPSにより位置の検索(コールセンターで位置がわかると、支援者や救急車に通報、また家族の方にもメールで地図を送信します。)でき、救助者の迅速な駆け付けも可能になるため、高齢者でなくとも、持病を持たれている方にも最適です。さらに、携帯を開くと今日も元気だということを示すメールがご家族の方に着信されますので、ご家族の方も安心です。ですから、お父上やお母上また祖父、祖母が同居ではなく、お仕事の関係で近くにいない場合、また他県にお住まいの場合でも、この愛ことば携帯サービス利用すれば安心できると同時に親孝行が遠くにいながらでもできるということです。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • トリニータをJ1へそして再度日本一へ 5

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • 各地域リーグ・都道府県サッカー

    各地域リーグ・都道府県サッカー

    日本全国9地域リーグのサッカー及び、各都道府県リーグのサッカーを取り上げている方は是非ご参加下さい

    テーマ投稿数 398件

    参加メンバー 7人

  • サッカースタジアム

    サッカースタジアム

    日本のサッカースタジアム、サッカー場についての記事募集。

    テーマ投稿数 65件

    参加メンバー 4人

  • JリーグYBCルヴァンカップ

    JリーグYBCルヴァンカップ

    Jリーグヤマザキナビスコカップ、2016年からYBCルヴァンカップに関するトラックバックコミュニティです。

    テーマ投稿数 378件

    参加メンバー 19人

続きを見る

  • 人間関係が最幸

    連続ツイート方式第731回お届します。(1)いろんな楽しみ方や辛さがあるが、一番の要因は人間関係。気持ち良くチームの仲間が過ごすことができる状態は人間関係のコミュニケーションが取れている状態。かたや週末にどっと疲れが出る状態は人間関係のコミュニケーションが取れておらずに風通しが悪い状態。波があるが、人間関係がすべて。(2)誰もがコミュニケーションが悪い状態を望んでいるわけではないし、風通しが悪ければチーム全員が改善されることを望んでいる。でも、改善されないのはなぜだろう。組織の管理者を長年やってきたが正解を見出すことができずに、常に悩みの種。自分自身もチームも他責にしないでいたいものだ。(3)風通しが悪い組織の典型は、それぞれが上から目線。こっちはこれだけやっているのに、という思考が双方に働く。風通しの良い組織...人間関係が最幸

    団子三兄弟 成長・夢の部屋
    読者になる

続きを見る

続きを見る

「サッカーブログ」 カテゴリー一覧