TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

セリエA トップ

TOP help
  • 1位

    2020-21 SERIE A 第17節 Spezia - SAMPDORIA マッチプレビュー!リグーリア対決

    さあ今晩はスペッツィア戦!リグーリア州対決!!短くはないサンプ(74年)とスペッツィア(114年!)の歴史の中で、セリエAでは初対戦。というか、Bやコッパイタリアを含めても初対戦。昨年、一昨年と夏の練習試合で対戦しているが公式戦での対戦は無い。これはお互いリグーリア州で近いよしみで、大体キャンプが終わった後の最終調整練習試合みたいので組まれていた同じリグーリア州対決でもDERBYとあまり呼ばないのは、ジェメラッジョまではいかなくてもサンプとスペッツィアは比較的良好な関係。今や左SBのレギュラーとなっているアウジェッロもスペッツィア出身だし、逆に現在チャボットをレンタルでスペッツィアに貸し出している。そして💩ェノアとスペッツィアがあまり仲良くないので、そちらの対戦がどちらかと言えばDERBYと呼ばれるようだ。ちな...2020-21SERIEA第17節Spezia-SAMPDORIAマッチプレビュー!リグーリア対決

    ブログ di ”サンプドリアクラブ東京”〜blog di "S

    ブログ di ”サンプドリアクラブ東京”〜SAMPDORIA

    読者になる

続きを見る

  • インテルナツィオナーレ・ミラノ

    インテルナツィオナーレ・ミラノ

    インテルナツィオナーレ・ミラノ(Football Club Internazionale Milano)は、イタリア・ミラノを本拠地とするサッカークラブチーム。

    テーマ投稿数 67件

    参加メンバー 8人

  • ユヴェントス

    ユヴェントス

    ユヴェントス・フットボール・クラブ(Juventus Football Club s.p.a) は、イタリア・トリノを本拠地とするサッカークラブチーム。 ユヴェントスはラテン語で「青春」という意味。「ユーヴェ」と略称される場合もある。愛称はエンブレムやユニフォームからビアンコネッロ(イタリア語で「白と黒」、複数形でビアンコネッリとも)や、シニョーラ(同じく「老貴婦人(イタリアの貴婦人)」)などがある。クラブ設立当初のユニフォームはピンクであった。 エンブレムの真ん中にいるのは馬ではなく牛。これはホームのトリノ市の紋章にも描かれていて、トリノの語源が「タウリーニ(牛の人々)」であることが由来である。 セリエA優勝27回(最多)など、イタリアのみならず世界を代表するチーム。ただしUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数2回はACミランの7回には及ばない。96年から98年には3年連続決勝に進出。過去7度決勝に進むもうち5度は準優勝に終わっている。欧州の主要リーグでは、国内リーグの優勝回数が最も多いクラブがチャンピオンズリーグの優勝回数も最多である場合が多いのだが、セリエAに関しては例外である。 ホームタウンという概念が確立しているヨーロッパには珍しく、全国的な人気を持つクラブである。ただし全国的に人気があることが嫌われてか、地元トリノではトリノFCの方が人気がある。ホームスタジアムのデッレ・アルピは、平日開催の試合や、コッパ・イタリアの試合などで閑散となる事がしばしばある。 2005/2006シーズン時点までは、1929年のセリエA(1部リーグ)開幕以来一度もセリエB(2部リーグ)に降格したことが無い2チームのうちの1つであり、現在も降格経験が無いインテルとの対戦は「イタリア・ダービー」と呼ばれ国内外の注目を集め、「ミラノ・ダービー」や「ローマ・ダービー」と並び、イタリアを代表するビッグマッチの一つであった。 その後、ユヴェントスは「カルチョ・スキャンダル」における八百長に対するペナルティを受け、2006年にクラブ史上初めてセリエBへの降格処分となった。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

  • マンチェスター・ユナイテッドFC

    マンチェスター・ユナイテッドFC

    マンチェスター・ユナイテッド・フットボール・クラブ (Manchester United Football Club) は、イングランドのマンチェスターを本拠地とするサッカークラブ。愛称は赤い悪魔(Red Devils)、ユナイテッド(United)、あるいはマンU(ManU)とも呼ばれる。

    テーマ投稿数 371件

    参加メンバー 16人

  • リヴァプールFC

    リヴァプールFC

    リヴァプールFC (Liverpool Football Club) は、イングランド・リヴァプールに本拠を置くサッカークラブチーム。愛称はレッズ(Reds)。

    テーマ投稿数 783件

    参加メンバー 12人

  • パリ・サンジェルマン

    パリ・サンジェルマン

    パリ・サン=ジェルマン・フットボール・クルブ(Paris Saint-Germain Football Club、PSG)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブチーム。 1970年創立の比較的新しいクラブチームで、過去にはジョージ・ウェアやライー、ロナウジーニョらが所属した、多国籍チームである。新興チームであり、優勝実績もさほど多くはないながら、国内での人気は高い。 ファッションデザイナーのダニエル・エシュテルが会長だったことがあり(在職1974年 - 1978年)、チームのユニフォームは彼の手によるものである。エンブレムにはパリのシンボルであるエッフェル塔が描かれている。 欧州や南米のサッカークラブは、元々総合スポーツクラブとして誕生し、発展した例が多い中、パリSGの生い立ちはやや異質である。設立時には、パリ出身の著名人、たとえばジャン=ポール・ベルモンドなども出資をしている。評論家であり、日本代表監督のフィリップ・トルシエのパーソナルアシスタントを担当したこともあるフローラン・ダバディーの祖父ピエール・エティエンヌ・グヨ(Pierre-Étienne Guyot)が創設者であり、初代会長であった。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 4人

  • オリンピック・マルセイユ

    オリンピック・マルセイユ

    オランピック・ドゥ・マルセイユ(Olympique de Marseille)(英語読みはオリンピック・マルセイユ)は、フランス・マルセイユに本拠地を置くサッカークラブチーム。 現在はフランスリーグのリーグ・アンに所属しており、1899年に設立されたフランスの名門サッカークラブチーム。同じ名門であるパリ・サンジェルマンとの一戦は大変な盛り上がりをみせ、フランス中の注目を集める。1986年に就任したベルナール・タピの豊富な財力により、1980年代後半から1990年代初頭にかけて勢いをみせ、ヨーロッパの舞台でも活躍し、1992年/1993年にチャンピオンズリーグ優勝。しかしリーグでの八百長発覚により1992/1993年のフランスリーグ優勝を剥奪され、同年のチャンピオンズリーグ優勝についても、タイトル自体は剥奪されなかったものの、チャンピオンとして活動する権利を奪われた。同時に当時の会長の脱税などスキャンダルが相次ぎ、チームも2部に降格処分を受けた。 近年はアフリカの有望選手や若手など積極的に補強。2004-2005シーズンには元日本代表監督のフィリップ・トルシエが指揮を執り、その縁もあって中田浩二も在籍した。 ジネディーヌ・ジダンがかつて少年時代に憧れていたチームでもある。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • TOTO BIG

    TOTO BIG

    TOTO予想にBIGの話題は申し訳ないような気がして作成。 TOTO BIG、BIG 1000、MINI BIGに関するトラコミュ。

    テーマ投稿数 242件

    参加メンバー 27人

  • 背番号12 サッカーファンの皆さん!

    背番号12 サッカーファンの皆さん!

    サッカーのことなら何でもいいので気軽にトラバしてください! ちなみにMYBLOGはhttp://blogs.yahoo.co.jp/isshie12 ↓ぜひぜひこちらにおいでください!☆ http://bbs4.sekkaku.net/bbs/ryota23.html

    テーマ投稿数 4,832件

    参加メンバー 42人

  • アーセナルFC

    アーセナルFC

    アーセナル・フットボールクラブ (Arsenal Football Club) はイングランドの首都ロンドン北部に拠点を置くプロサッカークラブである。愛称は「ガナーズ(Gunners)」。またアーセナルのサポーターのことを「グーナー(Gooner)」という。プレミアリーグに所属している。 資金がそれほど豊富なクラブではないため、ビッグネームと言われる選手を他クラブから引き抜く事はあまりなく、移籍金のかからない15〜17歳前後の将来有望な若手選手を獲得する手法をよく採ることでも知られる。ただし、2006年から新スタジアムに移転したことで収益性が増し、2007年現在、レアル・マドリードに次いでヨーロッパで2番目に裕福なクラブとなった。 また過去にはリーグ優勝13回、FAカップ優勝10回と多数のタイトルを勝ち取っている。国外でも、1993/94シーズンのUEFA カップ・ウィナーズ・カップでは優勝、翌1994/95シーズンの同大会では準優勝を果たしている。UEFAチャンピオンズリーグには毎年のように出場、2005/06シーズンには初の決勝進出を果たした。

    テーマ投稿数 5,221件

    参加メンバー 37人

続きを見る

  • 2020-21 SERIE A 第18節 SAMPDORIA 2-1 Udinese 逆転勝ち!

    ホームでのウディネーゼ戦は先制されるも2得点取って逆転勝ち!貴重な勝点3を積み重ねた。カンドレーヴァがPKでクッキアイオを決めて3試合連続弾で同点!そして冬のメルカートで加入したトッレグロッサが途中出場から値千金の逆転弾!!SerieA第18節1/16(土)20:45@ルイジ・フェラリス(ジェノヴァ)主審:ヴァレーリ氏(Roma2出身)サンプドリア2ー1ウディネーゼ得点者:後半10分デ・パウル、22分カンドレーヴァ④(PK)、35分トッレグロッサ①↑↑©SerieANews.comよりサパタ以来となるサンプでデビュー戦、即ゴールとなったトッレグロッサTorre=タワー、Grossa=巨大。その名の通りビッグタワーとしてサンプのFWに君臨してくれ![試合前情報]勝点20で11位のサンプと勝点16で15位のウディネ...2020-21SERIEA第18節SAMPDORIA2-1Udinese逆転勝ち!

    ブログ di ”サンプドリアクラブ東京”〜blog di "S ブログ di ”サンプドリアクラブ東京”〜SAMPDORIA
    読者になる

続きを見る

続きを見る

「サッカーブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)