TOPICS
  • 1位

    ナショナルトレセンU14

    ナショナルトレセンの後期のメンバーが発表されましたね。 2019ナショナルトレセンU-14後期(11/21~2…

    daei

    カズの日記

    読者になる
  • 2位

    キリンチャレンジカップ2019(2019.11.19 日本代表 vs ベネズエラ代表)の公式記録PDFほか

    審判系のブログは、「にほんブログ村 サッカー審判」にあります。 ← クリックのご協力を。この試合の公式記録PDFはこちら。2019.11.19 日本代表 vs ベネズエラ代表Jリーグの日本代表のサイトはこちら。主審:Mohd Amirul Izwan Bin Yaacob(マレーシア) さん副審1:Mohd Yusri Bin Muhamad(マレーシア) さん副審2:Shayusupov Sanjar(ウズベキスタン) さん第4審:Kasimov Sherzod(ウズベキスタン) さん(日本協会の担当...

    TOM3

    3級審判員の悩める日々

    読者になる
  • 3位

    本部とのTRM

    土曜は学校のためF・マリノスとのTRM不参加。日曜は本部とのTRMに参加しました。夕方からだったので、私はカズ…

    daei

    カズの日記

    読者になる
  • 4位

    日本代表戦を監察

    今日は、日本代表戦を じっくり監察した。 日本代表戦では負けていた 前半に大量得点を許してた。 風間やひろ監督が実況で、言ってた。 それは、間に顔を出す選手が居ない。 だから、パスが繋がらないと言ってた。 そこで間に顔を出す事の大事さを知った、

    あやたる

    あやたる投稿

    読者になる
  • 5位

    シンパシー

    Volante

    子供たちとグランドで過ごした日々

    読者になる
  • 6位

    大阪中学校サッカー応援隊の3度目の最終章

     大阪中学校サッカー応援隊の3度目の最終章     2017(平成29)年12月31日に最初のブログ終了宣言から  2018(平成30)年12月31日に2回目の最終章を宣言しながら  2019(令和元)年6月13日に令和版として期間限定でのブログ再開を  

    メタボ大王

    大阪中学校サッカー応援隊令和版

    読者になる
  • 7位

    “選手権”というブランド。なぜ、高校サッカーは魅力があるのか。

    全国高校サッカー選手権。冬の風物詩と言っても過言では無いかもしれない。今年で第98回目を迎える。過去数々のドラマを生み出し、スターを誕生させた。今や中学生は、Jクラブの下部組織の進路を選ぶより高校サッカーの名門校を選ぶ方がプライオリティは高

    Hiroyuki.Tominari

    全員蹴合

    読者になる
  • 8位

    縄跳び疲れたなー新記録は、どうだ

    今日は、縄跳びで新記録更新 させることは出来たのか❓❓ 今日縄跳びで二重飛びの時 毎度毎度15回くらいの 半分で終わる。 だから心が折れかける。 けど初めての記録を 目指すために頑張った。

    あやたる

    あやたる投稿

    読者になる
  • 9位

    練習内容(2019/11/17) U11 

    審判系のブログは、「にほんブログ村 サッカー審判」にあります。 ← クリックのご協力を。本日は、近隣のチームを招いてU7カテゴリーの試合の引率をする予定だったのだけれど、本日Tコーチの代わりに体育館で5年生の練習を担当することになっていた監督がご家庭の事情で早退することになったので、そちらを引き継ぐことになりました。(U7のほうは、I コーチに引き継ぎました。)最初からU7を I コーチにお願いしてもよかった...

    TOM3

    3級審判員の悩める日々

    読者になる
  • 10位

    テストからの解放🦋

    今日で テストおわった! もー やっと寝れるわー もー疲れた 今日 テストお疲れ様ーってことで サイゼいったーー その前にサッカーしてきた💐 ドリブルを ちょこちょこしながら やった 久しぶりに コケのある 壁に壁当てしてきた 変な音なるから おもしろい🤣 明日は 久しぶりのサッカーですね ダッシュが きつそうですね😭

    あやたる

    あやたる投稿

    読者になる

続きを見る

  • サッカーパラグアイ代表

    サッカーパラグアイ代表

    サッカーパラグアイ代表(Selección nacional de fútbol de Paraguay)は、パラグアイサッカー協会(APF)により構成されるパラグアイのサッカーのナショナルチームである。 1930年の第1回ウルグアイW杯から参加しており、一時期ワールドカップ本大会に出場できない時期も続いたが、最近の大会では1998年のフランスW杯、2002年の日韓W杯といずれもベスト16の成績をおさめている。 ロケ・サンタ・クルスやカルロス・ガマーラらも有名であるが、最も有名なのがホセ・ルイス・チラベルト(GK)で、国民的英雄となっている。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • サッカーメキシコ代表

    サッカーメキシコ代表

    サッカーメキシコ代表(Mexico national football team)は、メキシコサッカー連盟(FEMEXFUT)により編成されるメキシコのサッカーのナショナルチームである。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • サッカーアメリカ合衆国代表

    サッカーアメリカ合衆国代表

    サッカーアメリカ合衆国代表(United States national soccer team)は、アメリカ合衆国サッカー連盟により構成されるサッカーのナショナルチーム。 1930年にワールドカップに初出場して以来、1954年から1986年大会まで長らくワールドカップ本大会に出場できず、「サッカー不毛の地」とも言われてきたが、1994年に自国でワールドカップを開催して以来、強化にも成功しヨーロッパや南米の代表チームにとっても脅威の代表チームとなりつつある。 最近ではフレディー・アドゥーが若手の成長株として期待を集め、ドイツW杯のメンバーとして招集されるか話題となっていたが、結局メンバーには選ばれなかった。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • EURO2008 

    EURO2008 

    EURO2008ならなんでも。戦前予想、結果etc・・・4年に一度の欧州サッカーの祭典、EURO2008を熱く語りましょう!

    テーマ投稿数 98件

    参加メンバー 23人

  • サッカーポルトガル代表

    サッカーポルトガル代表

    サッカーポルトガル代表はポルトガルサッカー協会(FPF)によって編成されるポルトガルのサッカーのナショナルチームである。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

  • サッカークロアチア代表

    サッカークロアチア代表

    サッカークロアチア代表はクロアチアサッカー連盟によって編成されるサッカーのナショナルチームである。愛称はヴァトレニ(炎の意)。ユニフォームはクロアチアの国章に使用されている紅白の市松模様を基調とする。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • サッカーオランダ代表

    サッカーオランダ代表

    サッカーオランダ代表(Nederlands voetbalelftal)は、オランダサッカー協会(KNVB)によって編成されるオランダのサッカーのナショナルチームである。 旧国旗の色とオランダ王家(オラニエ=ナッサウ家、かつてオランジュの領主だった)にちなんでユニフォームの色をオレンジとしており、世界的に「オレンジ軍団」という愛称で知られている。 オレンジという国旗にない色をチームカラーとする世界でもまれなナショナルチームであり、ほかの例としては日本やイタリアの青、ドイツの白がある。 世界的な強豪国として知られる。特に1974年W杯に参加したチームはリヌス・ミケルス監督の下、ヨハン・クライフを中心にトータルフットボールと呼ばれる戦術でサッカー界に革命を起こしたと言われる。しかし決勝では西ドイツに敗れた。 EURO88ではファン・バステン、フリット、ライカールトのいわゆるミラントリオを擁するチームで参加。準決勝で仇敵西ドイツを下し、決勝ソ連戦では今尚語り継がれるファン・バステンのボレーシュート等で勝利し優勝。これが現在に至るまでのオランダ代表の唯一の国際タイトルである。しかしこのチームでもイタリアW杯では勝てなかった。 フランスW杯では一部で大会一と絶賛される試合内容を見せたもののベスト4。地元開催となったEURO2000でも優勝候補に挙げられるもやはりベスト4に終わった。さらに日韓W杯では予選敗退の憂き目に遭い、ドイツW杯では決勝トーナメントに出場するものの一回戦でポルトガルに敗れ、ベスト16で終わった。(もともとポルトガルとは相性が悪い) このように多くの名選手を輩出しながら、ワールドカップ優勝に未だに縁が無い。それは攻撃的サッカーを志向するあまりの大一番での勝負弱さが原因、という説もある。 また、南米スリナム系をはじめとする黒人選手たちと白人選手との間の人種差別をはじめとして、チームとしてまとまりが薄く、他の強豪国がトーナメントを勝ちあがるにつれてチームが結束し、まとまっていくのに対し、オランダ代表は前評判こそ常に高いものの、トーナメントが進むにつれてそのチームが自壊していく姿が見られることが非常に多い。

    テーマ投稿数 37件

    参加メンバー 11人

  • サッカーギリシャ代表

    サッカーギリシャ代表

    サッカーギリシャ代表は、ギリシャサッカー連盟(HFF)によって編成されるギリシャのサッカーのナショナルチームである。 1980年のEURO1980に出場するも未勝利に終わったが、1994年のアメリカW杯に出場。ナイジェリア、ブルガリア、アルゼンチンと対戦したが、ここでも勝利を挙げることができなかった。 その後、しばらくは国際大会への出場機会がなかったものの、2004年のEURO2004では開催国ポルトガルやフランス、イタリアといった強豪を抑えて見事優勝を果たした。 EURO2004を制したことで、2006年のドイツW杯への出場も期待されたが、ヨーロッパ予選でウクライナ、トルコ、デンマークに次ぐ4位に終わり予選敗退の憂き目に遭う。 2006年7月3日から10日間FIFAからサッカーの国際活動を禁止された。 EURO2008予選は、ドイツW杯予選でも同組になったトルコをはじめ、ノルウェーなど実力が拮抗したと見られるグループCに入った。緒戦3戦は僅少得点ながら無敗を続けたが、第4戦となる2007年3月24日アテネでのトルコ戦にて1-4の大敗を喫する。翌3月25日が独立記念日(1821年、ギリシャ独立戦争の開戦日)にあたっていた事もあり、トルコのメディアからは屈辱的な報じられ方をしたという。この敗戦はギリシャ代表チームにとって少なからぬ危機となったが、その後見事に立て直し、逆に第10戦となる10月17日のアウェー戦・イスタンブールではヨアニス・アマナティディスのループシュートで0-1の勝利を収め、ホーム戦での雪辱を果たすと共に予選通過を果たした。結局敗戦はアテネでのトルコ戦だけ、10勝1分け1敗の勝ち点31で予選首位通過を果たした(なお、予選で勝ち点30を上回ったのはギリシャだけである)。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 北京オリンピックにおけるサッカー競技

    北京オリンピックにおけるサッカー競技

    2008年の北京オリンピックにおけるサッカー競技は、大会前の8月6日から8月23日まで実施される予定である。男子はU-23、女子はフル代表で行われる。男子は予選を勝ち抜いた15の国・地域、開催国の中国の合計16の国・地域、女子は予選を勝ち抜いた11の国・地域と開催国の中国の合計12の国・地域が参加する。

    テーマ投稿数 21件

    参加メンバー 11人

  • サッカー競技 (夏季オリンピック)

    サッカー競技 (夏季オリンピック)

    夏季オリンピックにおけるサッカー競技(―きょうぎ)は、男子競技と女子競技が行われており、そのうち男子については1900年パリオリンピックから競技が行われ、1932年のロサンゼルスオリンピックを除いて毎大会実施されている。又、女子については1996年のアトランタオリンピックから実施されているものである。

    テーマ投稿数 29件

    参加メンバー 4人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「サッカーブログ」 カテゴリー一覧